Multiply

カジュアルな天才性

共創時代本番、仕事でも生活でも誰と組むかで生み出される豊かさが思いっきり変わる。

人と人とがその強み、才能、力を合わせ価値を創造していく共創。

副業も当たり前になりつつあって、社員として会社の枠って縛りからも解放。

個人の働き方も多様性あふれるぞれぞれのライフスタイルに合ったものになってきた感ありますよね。

個人が役割や業種、ジャンルの垣根を越えて手を結びやすくなったように感じる昨今。

仕事でも生活でも誰と組むかで生み出される豊かさが思いっきり変わる。

だからこそ、なんですよね。

誰と組むか、その組み合わせ次第で生み出されるもの、そしてその価値が大きく変わる。

これには方程式のようなものがあって。

生み出される価値=自分がなにを提供出来るか×相手が何を提供出来るか

んな感じです。

 

この方程式を実現するためには…

まず相手と繋がらないと。

そこで、相手が何を求めてて、それに対して何を提供出来るか知っておくことで出会いのチャンスを形にできるんです。

ココ大切かつ、当たり前のようで何気に落ちてるところだったり。

提供出来る価値は誰でも持ってる

上に書いた方程式の前提として、まず自分が相手に何を提供出来るかが先立ちます。

相手の役に立てる要素がハッキリしてないとね。

でも…自分は何も持ってない、そう思う方も多いんじゃないでしょうか?

否。

何も持ってないと思う方、生まれ持って誰でも標準装備のあなたの強み、才能がまずありますよ。

これホントです。

もれなく、ね。

 

自分には何もないって思ってる場合、自分と向き合う時間を取れるといい。

自分がこれまで生きてきてうまくいったことを思い出して。

子どもの頃とかどう?

(特に子どもの頃は評価に応えようとしてないので、純度の高い気質とも言える強み、才能が発揮されてることが多い)

そこで活かされた得意なこと。

それがあなたが生まれ持つ標準装備な強み、才能かもしれませんよ。

いままでメンタリング、コンサルティング、また講座、セミナーで数え切れないほどのひとに出会ってきたけど、この問いを深掘っていって強み、才能ない人は皆無でした。

ああ…自己否定あると強み、才能が主張弱くなってるかな…

 

で…そう、できたら他のひとに聞いてみるのが早いんですよ、これ。

「なんか私って他の人にない取り柄とか強みみたいのない?」みたいな。

そうするともう、自分に気付いてないような強み、才能がゴロゴロと出てきたり。

灯台もと暗しでビックリ、マジか、もっと早く気付いてれば…あるあるですよ、これ(^_^;)

ホント自分で気付いてないこと多くてですね、これ講座とかでやると、皆褒めあいっこみたいになるんだよね笑。

承認し合うその場の空気ってあったかくて、豊かで、こっちも見てて気も築なってくる…

あなたは主体的に独自の価値を生み出すことができるんだ

あ、話逸れましたけど…

共創時代本番の今、誰と組んで何を生み出すか。

これが可能性を拡げ、人生を豊かにします。

そしてそれは一昔前では考えられなかったほどの自由度で、主体的に選んで生み出すことができる。

もう書いてるだけでワクワクしますね。

 

自分が生まれ持った最も信頼に足る最強のリソース、強み、才能を誰のために、そして世の中のためにどう役立てるか?

この考え方、常に頭の隅に置いとくことでチャンスをつかみ、自ら人生の景色を変えてくことができるんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です