Multiply

カジュアルな天才性

強み、才能タイプのマネジメントで会社、企業の成長段階ごとに社員を本領発揮

マネジメントの核であるヒト、社員の力を最大化させるマネジメント。

それは各社員の強み、才能を知れば効果的な適材適所、配置が可能になります。

 

会社、企業の成長、発達段階、その変化に合わせて社員の役割、ポジションも最適化することで各々の力を最大限引き出すことができるんです。

ウェルスダイナミクスによる企業の発達段階

 

決まった月の異動・配置転換、それは果たして効果性を考慮したとき有効なのでしょうか?

会社の成長、また世の中の変化に合わせた動きによって柔軟に調整することが重要と考えます。

 

上の表では、企業や会社の段階、状況に対応、最もその力を必要とする強み、才能のタイプが分かります。
(それ以外にも幅広い解釈にこの表は使えます。)

それぞれの状況ごとに必要とされる人材の出番と引き際が分かります。

 

この役割、出番と引き際を踏まえ、主体的にマネジメントしていく。

それによって会社はその最大のリソースである社員の力を余すところなく発揮させる事ができる。

社員は成果を上げ、自信を得ることによりモチベーションも持続可能なものになる。

社員の総和としての会社の力をイメージすると、これがどれほど大切か理解いただけると思います。

 

それぞれの段階ごと社員がその本領を発揮して最大の成果を生む。

それぞれの強み、才能タイプごとに力を発揮する局面が違います。

それを分かった上でチームビルディング、マネジメントしていくことで局面とかみ合った経営、運営が可能になるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です