Multiply

カジュアルな天才性

読書「座右の本」との出会いが人生を変える ウェルスダイナミクス 内的価値

良い本は何度読んでもその都度に姿を変える。

もう読んだからいいや、が無いんですよね。

そういう「座右の本」との出会いは人生においての財産と言っても過言じゃないと思います。

自分の経験や考え方の変化、成長と共に本からの気付きも生まれ変わる。

そんな長くつきあえる座右の本、ありますか?

良い本との出会いが自分の強みになる

強みを最大限活用する理論、ウェルスダイナミクスの強みの見える化ワーク「内的価値」。

内的価値.png

その要素のひとつに「知識」があります。

ここをより豊かにするために「良書との出会い」が有効です。

その他の要素「情熱、才能、人脈、人格、目的」をより良く成長させるためにどんな本を選ぶかが決まります。

座右の本との出会いが人生を変える

私自身「座右の本」との出会いが人生を変えてきました。

人から影響を受けたきっかけから人生が変わるのと同じものと思います。

読書は著者との出会いであり対話ですね。

対話から気付きが得られます。だから何度も読む。

もし座右の本ともいえる本がなければ、出会いを求めてみてもよいかもしれませんね。

日頃どんな本を選び、親しんだら良いか?

ではそれも明確になるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。