Multiply

カジュアルな天才性

「努力しないと出来ないことはあなたのするべき事ではない」ウェルスダイナミクスの才能観

「努力しないと出来ないことはあなたのするべき事ではない」

これはウェルスダイナミクスの才能観です。

息を吸って吐くようにできるのに、他人より成果が上がってしまうものにフォーカスせよ、ということなんですよね。

得意なことは力まずともできてしまう

自分が本領を発揮する得意なことは、あまり力まずに成果が上がったりするものだったりします。

これが分かることは、人生の必勝パターンを手に入れることになります。

この必勝パターンを見出すことがウェルスダイナミクスの強み、才能診断、プロファイルテストの目的です。

再現性の高い勝ちパターンがテストによって分かる。

自然に力が発揮できること、そして役割、局面、場所、分野…

これはどのプロファイルがどんな局面、状況で活躍できるかを表した図

それらを押さえて立ち回る、ポジショニングすることで充実感あふれる人生を主体的に作っていくことができるんです!

天才性を発揮して傑物になる人

そして、その領域でも更に努力しちゃう人が傑物になると思うんですよね。

確かに息吸って吐くようにできちゃう得意領域ではラクな感じしますが、そこでラクをするのでなく、更なる努力を重ねる。

誰よりも成果が上がる得意分野で努力したら、どんなことが起こるのか!?

 

各分野の傑物が起こすマジック、世の中に大きなインパクトを与える取り組み。

それは、得意領域でその人が持つ力を余すところなく使い尽くした先にあるものです。

 

「努力しないと出来ないことはあなたのするべき事ではない」

まずそれを見極め、その上でもう一歩先へ。

世界に新たな景色を切り開くのはあなたかもしれません。

(すいません…最後はダイナモ的大風呂敷を広げてしまいました…)

これのツイートにコメントもいただきました。

確かに、半分以下の力で能力を倍にすることが出来ると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です