Multiply

カジュアルな天才性

人間関係でヘトヘトな人は距離感によって救われる ウェルスダイナミクス プロファイル

人間関係、人付き合いの距離感でヘトヘト、苦労してる人。

そんな方は、自分のタイプが分かるととてもラクになりますよ。

 

そもそも自分は社交的なのか、一人でいるのを好むのか。

これが客観的に分かるだけで自分を許せるようになるんです。

 

これはとても大きなことです。

 

そしてどんな人が自分にとって人生で重要な存在かが分かります。

万人に同じ時間を費やすことはできないんですよね。

自分のタイプが分かって救われたクライアントさん

会社内の人間関係でまさにヘトヘト、自分のやるべきことに力が出ないクライアントさんがいました。

スクリーンショット 2018-03-30 12.35.05.png

その方は、ウェルスダイナミクスの「スチール」というタイプの方でした。

スチールは「内向型」です。

 

内向タイプの人は意識が自分に向いており、社交、対外的な活動は苦手だったりします。

 

ただ、その自覚がないと、会社内はもちろん、普段の生活での人間関係でも疲れてしまいます。

これはスチール、内向タイプあるあると言ってもいい問題です。

 

この方は、自分のタイプが分かってかなりラクになりました。

メリハリのついた人付き合いができるようになったんです。

 

人間関係には境界線が必要です。

線引きというと印象が悪いかもしれないけど、むしろよりよい関係性が育まれるんですよね。

 

自分にとって人生の貴重な時間を集中する大切な人は誰なのか?

これは自分のタイプから役割、立場、価値観が明確になると見えてきます。

 

曖昧な人付き合いは双方消耗してしまうんですよね。

こちらのサービスでは自分がどんなタイプかが分かり、普段の人間関係に活かすことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。