Multiply

カジュアルな天才性

自分のごきげんを自分でとれることは強み、ごきげんマネジメント。

会社に苦手、イヤな人がいる…

落ち込む、ムカつくことがあった…

こういったネガティブなものを持ち帰って消耗しないことって、とても大切。

ごきげんでいることは自分次第。

今日は自分の意識次第でごきげんな時間を増やせる、ごきげんマネジメントのお話。

ごきげんマネジメントは強み

普段の生活でも仕事でも、自分の心を健全に保つメンタルマネジメントの大切さが各所で訴えられてますね。

イヤな記憶、思い、感情を引きずらず断ち切る、切り替えられる、これも立派なメンタルマネジメントであり「強み」です。

 

やり方はけっこうカンタン。

楽しいこと、ごきげんになる事に意識の矢印を向けてみるんです。

イヤな、ネガティブなことに向く意識をポジティブな方向へ。

 

ただ、簡単だけどまたすぐにイヤなことに意識が向いちゃう。

そしたらまた戻す

これを繰り返す。

これはトレーニングです。

積み重ねていくと、これが体質になって平穏でいられる時間が増えていくんです。

これはごきげんマネジメント。

日々ごきげんで過ごすための切り替えスキルを身につける

職場で顔も見たくないような苦手な人、なのに家に帰ってからもその人の顔が浮かぶ。

実際に会っているときだけでなく、家でも共に過ごしているとも言えるんですよね。

そしてそれは自分で選んでいる。

こんな状態で消耗してる人、けっこう多いように感じます。

 

仕事とプライベートを分ける、じゃないけど仕事から帰ってきたら、しっかりと切り替える。

そうすることでリフレッシュ、元気を取り戻し、仕事もプライベートもうまくいくようになる。

イヤなこと、苦手な人との接触頻度と時間を減らす事で平穏な時間を増やして行く。

意識的に取り組むことで、状態は好転していきます。

 

こういう切り替えスキルとも言うべきか、大切だな、って思います。

家では自分を取り戻そう。

 

主体的に心地良い時間を増やして行くこと。

ごきげんマネジメントはストレスフルな社会を生き抜くための強みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です