Multiply

カジュアルな天才性

ウェルスダイナミクス 内的価値「知識」成長する人の学びは「知ると行う」がセットになってます。

「聞いたことは忘れる、見たことは覚えてる、やったことは理解する」

これは孔子の言葉です。

学び、そして成長の本質を表してますよね。

 

学習はアクション。

頭で理解することも大切だけど、実際にやってみないと。

やってみる、体験することで学びが消化され、ようやく自分の血肉となるんです。

 

 

知識豊富だけど、どうも同じところをグルグル、成長がイマイチな人はアクションが足りてないのかもしれません。

知行合一

この言葉を知っていますか?

これは知ると行うは分離不可能、ひとつ、という意味です。

 

学習はアクションにも繋がってきますよね。

インプット、アウトプットを分けず、なにかを知る、学んだらそのまま使うところまで一息。

 

 

ということは…

学びは好奇心の赴くままに飛びつくのも良いけど、目的、意図ありきでないと、とも言えるでしょうね。

 

先の知識豊富だけどイマイチ成長しない人は、学びの目的を見失っているように感じることが多いです。

 

 

自分が学ぶのはなんのために、なぜ?

この本質的な問いに答えられることで、成長に繋がる価値ある学びが得られるかも知れません。

ウェルスダイナミクスでの強み、内的価値の「知識」。

この図のように、知識豊富な人はけっこういるんですよね。

ただ、その中でもうまくいってる人とそうでない人がいます。

 

うまくいってない人は学んだこと、知識がアウトプット、アクションと繋がっていない。

そしてその原因は目的、意図が明確でないことを学び続けているのです。

これでは内的価値への投資ならず、浪費になってしまう。

 

 

成長し続けるひとは、「知る⇄行う」というポジティブな成長のループを描いています。

 

学ぶ前に一息ついて、なぜ?そしていつ、どこで、どうやって使おうか?

これらを考えることを心がけていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です