Multiply

カジュアルな天才性

フリーランスは自由?そのイメージだと恐い結果に ウェルスダイナミクス スペクトル

フリーランスは自分との戦い、自由って軽くない。

常に自制、欲望とのせめぎ合い。

自分の行いがそのまま人生に反映される。

これは恐いですよ。

ただ…得られるものも大きい。

自分の責任、選択によって得られた成果、それは自信につながります。

成果に至るプロセスは、誰よりも自分が知っていますからね。

人生の可能性広げるには、まず自分自身を整える

先に書いた通り、自分の行いがそのまま未来の結果を生み出していきます。

とすると、より良い結果を生み出す原資、土台は自分自身ということになるんですよね。

ウェルスダイナミクスには、社会的役割、立場、価値観、経済力のレベルが分かる「スペクトル」という指標があります。

スペクトルは自分のレベルが分かると共に、レベルごとに必要な課題も明示されます。

このスペクトルレベルの最初の段階で提示される課題は

・お金を測定する

・行動を正す

・義務を果たす

といった3つのテーマ。

人としての基本。
これはまさに「自制」に他ならないですよね。

この3つをしっかり果たすことにより、後の成長、可能性の広がりがまるで変わってくるんです。

人生は極めてシンプル

仕事のみならず人生もシンプルな原因と結果、因と果です。

もう一度言いますがとてもシンプルな原則。

やったこと、選択、決断がそのまま結果として形になる。

フリーランスとして表現しましたが、これはサラリーマンも全く一緒。

厳しくもあるが、人生の主導権は自分のものということも教えてくれます。

こちらのサービスは、人生を自ら切り開き自由を得るためのプロセスをお伝えするものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。