Multiply

カジュアルな天才性

発する言葉が強み!?人を動かす、揺さぶる言葉を持つ人の特徴

発する言葉の責任を負う。

これは人と話す時でも、SNSの発信でも同じく。

責任を負った言葉には人に何かを感じさせ、動かす力があるんです。

 

例えばツイッターを見ていて「ああ、この人のツイート、強いな」って感じる時があるんですよね。

影響力があるヒトの刺さるツイート。

どういうツイートか?

 

それは、責任、そして思いが乗ったツイート。

その人の内面、強みがにじみでてるんです。

もっと言うと、生き様そのものがにじみ出ているように感じるものです。

人の心を揺さぶる「強い」言葉とは

言葉の持つエネルギー、そして重みはそれに対する責任から生じるのかもしれない。

やっぱり無責任な言葉は軽く感じるんですよね。

 

主体的で自分の人生に責任を負っている人は、いつ、どこで発する言葉にも、その人らしさと思いがこもってます。

その言葉には、心を動かす、揺さぶられるものがあるな、って感じるものです。

言葉にズシッとくる重みとパワーがそれはもうスゴい。

 

そういう言葉を発する人は、キャラクターというか在り方が確立していて…

それはすなわち自分の強みと一体となってる人だったりします。

自分の在り方、強みが言葉ににじむまで

そんな言葉を発するようになりたいと思いませんか?

自分の在り方、強みがにじむ言葉を発することができるようになるには、先に挙げた通り強みと一体になることです。

 

自分独自の強みを見出し、普段から活用する。

積み重ねて、いつか息を吸って吐くようにそれができるようになった時、言葉にも強みがにじみ出てくることでしょう。

 

あ、いま書いてて思いましたが、ワーディング、言葉選びにもそれは反映するように思いますね。

選ぶ言葉にらしさがある、キャラクターとしての個性になってる。

そこまでいくと、ウェルスダイナミクスにおいての強み、内的価値の6つの要素のひとつである「人格」(他者からの印象、ブランド)にも加えることができますね。

 

自分の強み、在り方を確認し、そして言葉のみならず行動、生き方に責任を持つ。

そんな生き様がにじむ言葉は、周りの人を動かすエネルギー、影響力に溢れてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です