Multiply

カジュアルな天才性

「成功している人」が日頃から気をつけていること ウェルスダイナミクス ダイナモ

「心配事の9割は起こらない」というけれど…

 

普段の生活、そして特に仕事、事業においてリスクの種はキチンと刈り取っておいた方が良い。

成功している人は、1割の心配事にも備えてるんですよね。

万が一への備えがあるって事です。

 

変化が早く激しい不安定な昨今、なにか不測の事態が起こったとしても、こういう人は適応、軌道修正が早いんです。

そういった意味で、成功している人は備えによる「修正力」の高さが特徴とも言えるかもしれませんね。

 

備えておいた心配事が杞憂に終わった、その平穏無事こそ素晴らしい事じゃないでしょうか。

失敗続きの人の特徴は?

一方、変化に対応しきれず右往左往、失敗続きで消耗している人にも特徴があります。

それは、前述した「備え」を怠っていること。そしてなにか起こった問題、トラブル、また失敗に対して改善をめんどくさがり、怠る人です。

 

ウェルスダイナミクスの発想、行動、何かをはじめるのが得意な「ダイナモ」は特に注意した方がイイです。

なにせ、リスクをとって切り開いていくのがその役割だったりするので。

 

こういう人は、同じ失敗を延々と繰り返す、ループし続けるのです。

課題はその場で対処、解決しないと必ずいつかまた巡ってくるもの。

なので、起こった問題はその場でトドメを刺す。

(私のモットー「即決その場でトドメ刺す」)

 

そうすることで再びそのような問題が起こった時、崩れず軌道修正できるし、より大きな問題への耐久力が備わっているため、失敗をものともせず新たな挑戦に臨めるのです。

 

今日、私が経営するフィットネスジムのミーティングでしたが、そこでの報告で「備えておいた良かった」ということが実際起こったんですよね。

1割があるってことです。

 

以前の「ヒヤリ」に対応する備えがあったため、大事には至りませんでした。

足元すくわれないよう備えを怠らず。

 

成功している人は万が一、1割の心配事にも鉄壁。

足場を固めて人生の王道を歩んでいる人のことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。