Multiply

カジュアルな天才性

人間関係で消耗してる人が脱する手段とは? ウェルスダイナミクス ウェルスネットワーク

人脈はなんのために?

人間関係の広がりは可能性の拡大…の一方、消耗する原因にもなっちゃうんですよね。

 

多い少ない関係なく、誰となぜ繋がっているのかが大切。

そして時には人間関係を整理する必要があるかもしれません。

 

これがお互いにとって良い影響をもたらすきっかけになる事もあります。

人間関係を「見える化」ウェルスダイナミクスのフレームワーク

ウェルスダイナミクスには「ウェルスネットワーク」という人間関係を可視化し、整理整頓するフレームワークがあります。

ウェルスネットワークお互い.png

こちらの図がウェルスネットワーク。

 

自分を取り巻く人達との関係性、あの人はどんな影響をもたらしているか?

反対に自分はあの人にとってどんな存在、どんな影響をもたらしているか?

 

これが分かると自分にとって誰が大切な存在かが見えてきます。

関係性を深める人、一方距離をとるべき人…

「あなたはもっとも多くの時間をともに過ごしている5人の平均のような人」─Jim Rohn

人間関係が変わると、これまでの景色が一変します。

人間関係をより良くする「境界線」

関係性の範囲、領域のメリハリが人間関係をより良いものにすると思っています。

線引き、境界線ですね。

ただ間違って欲しくないのは、0-100じゃなくてグラデーションのある距離感なんです。

 

自分にとって大切な人は誰か?

その基準による接触頻度と時間。

共にいる時間の長さと影響の大きさは比例します。

 

Multiplyのコーチングでは、人生を左右する人間関係についても一緒に考えていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。