Multiply

カジュアルな天才性

「自由とは責任の範囲である」責任を果たすことで人生が自分のものになる ウェルスダイナミクス スペクトル

コーチングで本質に「自由とは責任の範囲である」と気づくことで、救いより絶望を感じてしまう人がいます。

長らくの他責体質でこれを受け止められない、受け入れられない場合、アレルギーのように反応する。

これは本人次第で変える事ができるけど、良し悪しじゃなくこれこそ本人の選択なんですよね。

真の自立は人生の責任を負うこと

ウェルスダイナミクスには、社会的役割、立場、価値観、そして責任の範囲を示す「スペクトル」というレベルがあります。

このスペクトルには各レベルにおいての課題が示されますが、ここでの大きなテーマが「責任を果たす」なんです。

これが人生においての真の自立の第一歩。

重たいように感じますが、これが確かなものになると、人生が自分のものになったような手応えが得られます。

それが「自由」なんですよね。

生き方は誰かに決めてもらうものではない

生き方は本人の責任の範囲の趣味性なので、それに良し悪しはないんですよね。

ただ、自由や変化を求めるならば代償が伴う。得られるものがあれば失わなければならないものがある。

そしてそれを選ぶのは自分。

この選択は誰にも委託できないんですよ。

きっかけは他人からもたらされても、決めるのは自分。

このサービスでは、自分の今の役割、立場において果たすべき課題が分かります。それをクリアしてこそ、人生の主役になる事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。