Multiply

カジュアルな天才性

失敗避けて近道通って得られた成果って ウェルスダイナミクス サイクル

「失敗したくないんですよね、そういうムダは避けたいと思うんです。だからもっと良い方法を教えてもらえないかな、って」

「満足の遅延」という言葉があります。

必要なプロセスを飛ばさずていねいに一つ一つやり抜いていくことで最高の結果が得られる。

それは近道、一足飛びでは得られない成果。

早く成果が得られても質が低けりゃ…

昨今のスピード感には巧遅より拙速というのは分かります。

だけどこれは必要なプロセスを飛ばすのではないんですよね。

成果や結果が熟すのに必要なものがある。

デザートはもうちょっと後です。

ショートカットする手段や方法がより良い成果を生むかどうかは別の話なんですよね。

功を焦らず必要なタイミングで必要なことを

プロダクトライフサイクル.png

こちらは強みを最大限活用する理論、ウェルスダイナミクスの強みを発揮するタイミングを示すものです。

何かを完成するにあたり、どこかのプロセスを飛ばすことはできないんですよね。

要なタイミングで必要な取り組み、必要とされる強みがあるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。