Multiply

カジュアルな天才性

ウェルスダイナミクス スペクトルレベル別、人生を左右してる「お金使いの感覚」大丈夫?

お金は豊かな人生を営む上で欠かせぬパートナー。

ただ付き合い方に注意、大小失敗、転落のストーリーは人それぞれ持っているのではないでしょうか?

今回は使う額、その感覚が麻痺してやしないか、というお話。

それぞの立場、ステージでの「使うのに慎重になる金額」

今回のテーマについて、ウェルスダイナミクスの社会的役割、立場、経済力、価値観レベル、スペクトルの指標を用いて説明します。

 

■使うのに慎重になる金額と社会的レベル(個人差あり)

 

– 借金がある(赤外線〜赤レベル)〜収支±0…1万円

-会社員(オレンジレベル)…10万円

– 起業家(イエローレベル)…100万円

– 経営者(グリーンレベル)…1000万円

– オーナー(ブルーレベル)…1億円

 

今回なにを一番伝えたいかと言うと、この感覚の麻痺で人生が狂っていることがある、ということ。

 

「借金がある」赤外線レベルの人が、平気で次の会社員、オレンジレベルの人が躊躇、検討する10万超えのお金の使い方をするんです。

更に、借金までしてその上の50、100万といった買い物をしてしまうんですね。

 

 

そして恐ろしいことに、分相応でない買い物のほとんどは、

自分で使いこなせなかったり、

オーバースペックだったり、

あるいは本質的な意味のないもの、

コントロールできない浪費だったりするのです。

 

 

人生迷走している人は、すべからくお金との付き合い方に問題があります。

お金の出入り、キャッシュフローを明確にし、正対する。

(これは赤外線〜赤レベル、そして全レベル共通の課題「お金を測定する」ですね)

これこそがお金難民から脱する、正常な感覚を取り戻すために大切なことなんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です