Multiply

カジュアルな天才性

人生の花が咲く人、そうでない人の違い ウェルスダイナミクス 内的価値

人生の舞台、自分を試さずに諦めきれるものか。

植物に例えて、育つか枯れるかだったら種のまま、満を持すまで地中で待てばいい。

確かに、と思う。

けど一生芽吹かず種のまま、という人を見てきました。

それもひとつの選択。

でも枯れることはないけど、種のまま朽ちる。

それでいいのか、と思うんです。

強みをじっくり育ててチャンスに備える

内的価値.png

この図は強みを最大限活用する理論、ウェルスダイナミクスの強みの見える化フレームワーク「内的価値」の図です。

自分がどんな価値を持っているのか、それを要素ごとに整理、採点します。

そこから弱い部分を育てていく。

芽が出るよう、人としての総合力を整えます。

これが充実した時、自然とチャンスはやってくる。

これはウェルスダイナミクスの強み観でもあります。

大器晩「成」するかどうかを分ける違い

大器晩成は間違いなくある。

でも違いがある。

芽を出してゆっくりでも着実に成長しているのか、まだ芽を出していないのか。

成る時期はただ天のみぞ知る、分からない。

でもその瞬間に向けて準備しているかどうか、これは大きく違うと思うんですよね。

芽を、手を伸ばしているか、そこに大きな違いがあるんです。

コーチングであなたの強みを種から芽、そして豊かな大木に育つようガイドしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。