Multiply

カジュアルな天才性

第5回強み発見コーチング、今回も新たな発見、そして名言が生まれるか

毎回ドラマティックな強み発見グループコーチング。

 

もう5回目か、と書いてて思いました。

前回は「「無駄」なことをやるために、「ムダ」を減らす」という言葉が生まれました。

生産性や効率、成果重視の時代では「無駄」とされてきたものが今、むしろ贅沢な価値に転じてきている、という話題から生まれてきたものです。

後者の「ムダ」とは、本質から外れた行動や選択のことを指します。

 

…語ると長くなりそうなので、これについてはまた機会を改めて…

ワークショップからグループコーチングへ

ここからが本題。

これまで見てきた方の中には、「あれ?」と思っている方もいるかもしれません。

そう、当初は「ワークショップ」と銘打ってやってきましたが、前回から「グループコーチング」に変わってます。

 

これはワークショップとして手を動かすより、ディスカッション、ダイアローグ(対話)による参加者による新たな気付き、イメージのアップデートの方が貴重だと感じたからです。

実際毎回のハイライト、ドラマは参加者の方との対話から生まれてます。

そのため、より参加者の方との対話の時間を多く取りたいとシフトしたのでした。

対話から景色が変わる瞬間を共に

この瞬間こそが私から参加者の方への最大のギフトになると思っています。

 

だからといって強み発見のテーマはブレず、ウェルスダイナミクスにおいての個人の強み「内的価値」をベースに話を進めていきます。

 

グループコーチングによって見出されたあなた独自の価値、リソース、そして存在意義に気付く90分。

ひょっとすると、人生の流れが変わるきっかけになるかもしれません。

(実際参加者の方からお声をいただいてます。)

 

次はあなたの番!?

景色が変わる瞬間を共に味わいましょう!

今回の記事を読んで興味が湧いた方は、こちら↓からご確認くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です