Multiply

カジュアルな天才性

強み=才能でなく強み、才能と分けている理由。ウェルスダイナミクス的「強み観」を知って欲しい。

「強みと才能って違うんですか?」

今回のテーマ、けっこう聞かれることがあるのでここで取りあげたいと思います。

そしてこれはウェルスダイナミクスを正しく理解し、活用するためにもとても大切なことです。

「才能」は強みの1つでしかない

「才能」は内的価値の一部

ウェルスダイナミクス=「強み、才能診断」プロファイルテストというイメージを抱いている人が多いと思います。

確かにプロファイル、才能はかけがえのない財産であり、独自の強みです。

ただ、ウェルスダイナミクスで言う強みは才能だけでなく、この図の6つの要素からなる「内的価値」のことを指すんです。

 

才能は内的価値の一部。

その他の要素と関わって本領を発揮します。

そのため、才能だけでなく他の5つの要素、情熱、知識、人脈、人格、目的を充実させることが重要です。

6つの要素全て揃った総合力があなたの強みなんです。

 

提供側として残念なのは、ウェルスダイナミクス=プロファイルテストの印象が強すぎて、テストを受けて満足してそのまま、という方がとても多いんですよね。

ウェルスダイナミクスの強み、その本質はこの内的価値。

プロファイルテストを受けてみて、自分のプロファイル、才能、価値観、得意なこと、役割などが明らかになる。

あとは残りの5つの要素について、自分がどんな価値を持っているか可視化する。

(これは内的価値のワークをやってみて下さい。)

こうして6つの要素が揃った時、初めてそれがあなたの強みと言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です