Multiply

カジュアルな天才性

成功者を目指すほど遠のく理由とは?ウェルスダイナミクス 内的価値

成功者は、成功者になる事を目的としていないんです。

矛盾しているかのように感じますね。これが今日のテーマ。

 

「成功者になろうとするな価値ある人間になれ」

これはアインシュタインの言葉です。

 

そう、成功者はなろうとしてそうなったのでなく、価値ある人間になった結果なんです。

自分の価値を高めれば、おのずと成功者になる、ということです。

 

成功は一時的なものですが、作り上げた価値は持続可能なもの。

価値ある自分自身が成功の原資なんです。

 

そのため、成功を目的にして自分の価値を高めることよりその手段、方法を追い求めることは、かえって遠回りになる場合もあるんですよね。

自分自身を価値を高める具体的な方法

自分自身の価値を高める…

何か勉強したり、スキルを身につけたり…?

具体的にはどうやったら良いか分からないですよね。

 

そこで知って欲しいのがウェルスダイナミクスの理論のひとつ、価値を見える化し成長させる「内的価値」。

そもそも自分の強み、価値を把握し、意図的に活用できている人は少ないように感じます。

それを実現するのがこの内的価値。

ワークを通じて、実際に自分の強み、価値を見つけ、活用し、成長させることができるんです。

 

実は先のアインシュタインの言葉、このワークのテーマでありウェルスダイナミクスの本質なのです。

「価値ある人間になれ」

この言葉が響いた方は、それを実践できる内的価値のワークに一緒に取り組みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。