Multiply

カジュアルな天才性

文字のみ、テキストコーチングでもウェルスダイナミクスなら相手に合わせた最適の対応が可能

文字のみ、限られた情報のやりとりでもクライアントさんに気付きを、一歩を踏み出すきっかけをもたらすことができます。

文字のみに限定されたコミュニケーションはなかなか難易度が高いように思えます。

それでも、言葉選び(ワーディング)、文の構成などから相手の方の価値観、そしてどの強み、才能タイプか推測が可能です。

特に言葉選びに価値観が出ます。

そして、文章から伝わってくるその方の状態、ポジティブかネガティブか、そういったことも注意深く読み取ることでそれを感じる事が出来ます。

ウェルスダイナミクスの強み、才能タイプ分類で価値観に合わせた対応が可能

まずこちらの画像は「鍵となる質問」というもので、それぞれのタイプが問題を解決するためになにを頼るか、その傾向です。

ピンチの時まずこれがでます。

そして、それぞれに対応した気付きにガイドします。

例えば右側、外向タイプのブレイズには「誰」をベースに問題に対して深めていきます。

これは各タイプがなにを求め、重視するかの価値観。

どの要素を話題の中心にすれば満足度が高まるか分かります。

ビジネスにはこれが役立ちますね。

今どの役割を担っているのか?

それは得意か、不得意か?

適材適所、適職など仕事をする上で才能が最も活かせる役割、ポジションはどこかがガイドできます。

やりとりをしていく中で、文章の中の言葉に上記のどの要素があるか。

それを見極めていくことでクライアントの方のだいたいのタイプのあたりがついてきます。

やりとりを重ねていく内に更にその精度は高まり、同時にクライアントの方の満足度も高まることでしょう。

 

限られた情報でも、ウェルスダイナミクスを駆使することでクライアントさんとの関係性を深めていくことができます。

そしてこれは、ビジネスのみならず、普段の生活でも活用できるんですよね。

参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です