Multiply

カジュアルな天才性

情熱は立体的に見る。これまで気付かなかった「好き」が見つかるかもしれない

張り合いのある、豊かな人生の原資とも言える情熱。

熱中、没頭、好きなこと、ハマってること。

それはさまざまなモノ、コトへの興味、関心といった横軸、そしてそれらにハマり深める縦軸と、立体的に見ることでこれまで気付かなかった「好き」、また「更なる魅力」の発見に繋がるかもしれません。

楽しいこと、好きなことは横、縦、立体的に見てみよう

「おっ」と思ったツイートがありました。

楽しい事は何か無いかと思うなら、横に広く見るだけでなく縦に深く見ても発見がある。楽しみには深さがあり、料理でも勉強でも目の前の仕事でも構わない。追究心や没頭感と共に夢中になる事。物事を深く知る事でそのモノをどんどんと好きになる事だってある。深みは楽しみを生む。そこに気付きを。

確かにな、と。

そして、

これ凄く良いですね。 横軸、バラエティだけじゃなくて、縦軸、深度、ハマり具合で3D、立体的に見る。 新しい発見で、ノーマークだったものに興味を持ったり、好きになったりするかもですね!

こんなリプライをしました。

楽しみ、好きなこと、そしてそこから生まれる情熱。

そこに至るのに様々なモノ、コトに興味、関心を持つといった広がり、バラエティといった探求、横軸と、興味を持ったものに取り組み、深め、ハマる、探究、縦軸があると思っています。

この立体的なアプローチが一生ハマれるような情熱、ライフワーク、生きがいに繋がるかもしれません。

 

横軸だけでもダメ、縦軸だけでもダメ、両方大切。

好きなこと、情熱を求めて色んな事に食いついてみる。

そしてそれを納得いくまでやり込む、やり抜いてみる。

そうやっていくうちに、損得抜き、寝食忘れて、やらずには、いてもたってもいられないような、そんな人生をかけてエネルギーを注ぐことが出来るものが見つかるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です