Multiply

カジュアルな天才性

理想の自分になる、ライフスタイルを描く「プロファイル戦略」ってなに?

昨日ウェルスダイナミクスの強み、才能診断、プロファイルテスト結果の形について書きました。

その中で「プロファイル戦略」という言葉が出たので、今日はそれについてお話ししたいと思います。

グラフの割合を理想の形にすることこそ、理想の自分、ライフスタイルを創ることになるんです。

プロファイルテスト結果グラフの変化、私の事例

これは両方とも私のプロファイルテスト結果のグラフです。

左が最初のもの、2016年10月3日に受けてます。

右はその後2年経過した2018年12月31日に受けた結果。

ちょっとだけグラフの形、割合が変化しているのが分かりますか?

ダイナモブレイズテンポスチール
2016年10月3日64%20%4%12%
2018年12月31日64%16%0%20%

ブレイズが減少16%、テンポが0%!、スチール上昇が20%に。

この変化には説明がつくのです。

そしてそれは、私の理想を実現するためのプロファイル戦略の結果でもあります。

理想を実現した私のプロファイル戦略

変化の原因はフィットネスジムで各店舗をマネージャーに任せ、現場を離れたことです。

独立起業からパーソナルトレーナーとして自分のジムで働いていました。

しかし私のクリエイターの才能が本領補発揮するのはこういったカスタマーサービスでなく、経営方針、ビジョン、戦略、新商品、サービスの開発、システムの立案などなんですよね。

実際そういった働き方に手応えのなさとストレスを感じていました。

 

そんな中、一人、二人と仲間が増えて組織化。

そして転機が訪れたのはウェルスダイナミクスを知り、テストを受けた、そう2016年10月3日のこと。

「ああ、これは私の役割じゃないんだな」

と解放された日。

そこから理想のライフワークキャリアを実現すべく、ウェルスダイナミクスの

「苦手、弱みは自ら克服せずそれを得意な人に任せる」

を地で行くプロファイル戦略をスタートしました。

これが当時の私のジムのスタッフのプロファイルテスト結果。

(私のジムは契約にプロファイル、スペクトルテストの実施が盛り込まれています。)

面白くないですか?

一番上の私以外、全員がブレイズ、テンポの属性。

そう、皆接客、カスタマーサービスに強く私より向いてるんです。

一方逆に私が得意とする先に挙げたようなダイナモの経営戦略、新基軸と言ったことは苦手なんですよね。

(というか、興味がない)

そこで、それぞれが本領発揮できる得意な役割に完全分業したのです。

 

その結果があのグラフに現れてます。

ブレイズ16%、テンポ0%は接客の現場から完全に離れたから。

スチール20%はよりシステム、業務の効率化、数値などを意識する役割となったから。

ということなんですよね。

 

そして今は理想のライフワークキャリアを実現し、充実した日々を過ごしています。

このように、理想の自分、ライフスタイルはプロファイル戦略で実現することができます。

より良い理想的なライフワークキャリアを実現したい、そんな方はお気軽にご連絡くださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です