Multiply

カジュアルな天才性

弱み、苦手でも本領を発揮、役割を全うできる戦い方を教えるのがウェルスダイナミクス

自分の弱みや苦手な役割でも本領を発揮できる戦い方を教えます。

まず前提として、ウェルスダイナミクスは弱み、苦手は

「自ら克服せずそれを得意な人に任せる」

のが原則。

でもそれが逃れられない勝負所だったり、自分にしかできない役割の場合もある。

そんな時にもウェルスダイナミクスは助けになるんです。

リーダーシップ、苦手?

仕事、生活の場面でも組織、チーム、仲間を導く、そんなリーダーシップ。

 

リーダーシップと聞くと…

「応!任せとけ!」

という人もいれば、

「いやいやいや、そういうの私パス、そもそも向いてないのよね」

って人もいると思います。

 

前者は大丈夫でしょう。

では後者、それを弱み、苦手とする人がもし避けられない役割だったとしたら?

どうしたら良い?

どんな強み、才能タイプでも戦い方次第でその役割を果たすことができます。

それがこのウェルスダイナミクスの各タイプ別「リーダーシップスタイル」

ダイナモビジョンベース未来をイメージさせるビジョンを指し示しモチベート
ブレイズ人ベース全員参加のコミュニケーション、協力でモチベーションアップ
テンポ行動ベース状況を観察し、自分の行動、チームの行動と調和させる
スチールデータベース過去の事例、実績といった数値、データを分析、最適解を示す

*ダイナモは「タスクベース」という見解もあります。これは実際に行動していくことにより状況、可能性を切り開いていくというものです。

同じリーダーシップスタイルでも、各タイプでゼンゼン違いますよね。

そしてそれぞれのタイプの強みの本領が発揮できるやり方です。

 

リーダーシップと聞くと、ダイナモ、ブレイズが、というイメージが分かりやすい。

一方敬遠しがちなテンポ、スチールでも、この方法なら戦える。

リーダーシップという言葉の印象が変わるかもしれません。

 

ウェルスダイナミクスは才能、得意なことに特化するのがセオリー。

でもこのように、人生のあらゆる状況に対応できる、そんな戦い方も教えてくれる万能ツールだったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です